岩茶(がんちゃ)とは、世界文化遺産中国福建省の武夷山(ぶいさん)で生育し、岩の各種ミネラルを吸収し、力強い個性豊かな香りと味(岩韻)が特徴のウーロン茶です。

岩茶は唐、宋代より皇帝のお茶として珍重され、現在でも一部の人の手にしかわたらない極めて生産量の少ない貴重なお茶です。岩茶房の岩茶は名人茶師・劉宝順(りゅうほうじゅん)さんが伝統的な製茶法を用いて作る現代では大変稀なお茶です。