岩茶房京都「座の文化」シリーズ・中国茶の世界 第56回 淹れてみよう、飲んでみよう

酷暑からお盆を明けてようやく朝夕涼やかな風を感じます。皆様、お変わりございませんか。
当教室は諸々の事情により、9月より参加費を6500円へ変更させて頂きます。
またコロナ第7波の状況を見まして、定員は10名様とさせて頂きます。

9月は夜の部 1名様、10月と11月も夜の部のみ 若干数お席があります。
それ以外は現在満席のためキャンセル待ちとなります。

日時 2022年9月9日(金)、10月14日(金)、11月11日(金)

昼の部(14~16時半)、夜の部(18~20時半)

場所 「岩茶房京都」京都市中京区蛸薬師通東洞院東入ル泉正寺町318シャイン蛸薬師1F

会費  6500円/月(菓子含)

各月、定員10名

講師  佐野 典代

    

内容   

9月9日(金) 

  • 天日干し釜炒り紅茶「晒」(奈良県)
  • 珍品絶品緑茶「石花」(四川省)
  • その名の通り、その香りは天へ。烏龍茶「通天香」(広東省)
  • 岩茶これが最後の「不知春」と似て非なる「鳳凰水仙」(武夷山)  

    

10月14日(金)

  • 初めて届いた紅茶です。「湖南工夫」(湖南省)
  • 最高級手摘み緑茶「翠」(宮崎県)
  • 台湾の清香に近いた(!?) 烏龍茶「藤かおり」(茨城県)
  • 岩茶 飲んじゃお! `16 と `21年「大紅袍」飲み三昧(武夷山)

 

11月11日(金)

  • 福建を代表する紅茶です。「閩紅工夫」(福建省)
  • 今再びこれで頭スッキリ(!?)「仙都曲毫」(浙江省)
  • 初登場、珍品烏龍「梨山華崗冷茶」(台湾)
  • 岩茶 「白牡丹」で体を整えて。(武夷山)

  

〈発熱や咳、体調の優れない方はご参加を見合わせてください。当日のキャンセルは、お代を頂戴致します〉

 お申込み先 075-211-3983(水~日曜日11時~18時)